ビジネス用のタブレットに必須な堅牢性

ビジネス用のタブレットには二つの堅牢性が求められます。

日常的な業務に使う以上、そう簡単に壊れてしまっては意味がありません。
まずハード面の堅牢さが必須です。
ビジネス用の製品ともなれば、多少ラフに扱われる事が前提条件となります。



外出時に利用すれば、うっかり落としてしまう事もあるでしょう。

ビジネスバッグに収納していても、振動や衝撃で本体にダメージが加わる事はあるはずです。


耐衝撃性に優れたタブレットをビジネス用に買う事が大事であり、ヒューマンエラーを精神論で解決するのではなく製品のハード的なスペックでカバーする事が重要となります。


衝撃が加わった時、タブレットの方が自動的にダメージを緩和する機能を持っていれば、人混みの多い場所や空港や混雑した車内でもアクティブに使えます。二つ目の堅牢さですが、ソフト面の頑丈さも必須です。
コンピューターウイルスの流行が伝えられる昨今、セキュリティ力が低いタブレットをビジネス用に使うと、情報流出の危険を自ら作る事になります。



OSによってセキュリティの堅牢性は変わってきます。コンピューターウイルスやスパイウェアがそもそも侵入しない仕組みのOSであれば、まさしくビジネス用に最適です。

また万が一の事を考えて、バックアップが取りやすいシステムになっているタブレットの方が安心です。顧客情報やスケジュール、大事なマニュアル等が一気に消えてしまえば大きな損失です。
クラウドやパソコンにバックアップが瞬時に取れるOSであれば、何かと助かります。