Skip to content

心の癒しにフラワーエッセンスを

フラワーエッセンスは、自分の心に癒しをもたらしたいと思ったとき取り入れてみたいお水です。よくハーブのエッセンスが入っているような小瓶の容器に入れられて売られています。ただこれは、ハーブともアロマのようなものとも違って、お花の波動を水に転写したものとよく言われ、中身は純粋に水だけと考えてよいものです。それなので、害もなく人を選ばず誰でも気軽に摂ることが出来ます。

水だけであるのにフラワーエッセンスとはどういうことかと言えば、このアイテムは水にお花を入れて太陽光にあてるか、煮沸するかしてお花のエネルギーを水に写して作っているので、このような名前を持っているのです。フラワーエッセンスはイギリスの細菌学者でホメオパシー医の、エドワード・バッチ氏が確立したもので、今では38種類ものバッチフラワーレメディと呼ばれるフラワーレメディが作られて、世界中に広まっています。このアイテムは、自分の心のバランスがゆがんでしまったかもしれないと思ったときに取り入れるといいものです。その時々の感情に合わせて好きなフラワーレメディを選びましょう。

薬のように、ある症状に直接的に働きかけ、それを治してくれる性質のものではありませんが、そのときの感情に影響をもたらし、癒しの効果を得ることが出来ます。特に不安やいらいら、緊張などネガティブな気持ちになってしまったときにおすすめで、摂るときは普通の水などの中に入れて飲んだり、口に直接数滴入れたりする、あるいはお風呂に浸かるとき10滴ほど入れる、という使い方をします。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です