Skip to content

フラワーエッセンスの使い方

花のエネルギーを転写したフラワーエッセンスは、心や感情に作用する癒しのアイテムとして注目を集めていますが、フラワーエッセンスには様々な使い方があります。スポイト瓶タイプの場合、直接口に垂らして摂取するのが最も基本的な使い方となります。摂取頻度や1回当たりの摂取量はブランドや種類によって異なりますが、朝昼晩と寝る前の1日4回、1回に3~4滴ほどを目安に摂取するのが一般的です。ただし、フラワーエッセンスは医薬品ではないため、摂取頻度や摂取量を過剰に意識する必要はありませんが、衛生上の観点からスポイトの先が舌などに触れないように注意しましょう。

なお、直接口に垂らすと保存料として使用されているブランデーやグリセリンの香りや味がします。これらが苦手という場合は、お茶やコーヒー、お酒、スープなどに入れて飲んでも構いません。加えて、スポイト瓶タイプにはお風呂に入れるという使い方もあります。お風呂に入れる場合は、口から摂取するよりも多めの10滴前後を目安に使用しましょう。

また、フラワーエッセンスは、スポイト瓶で販売されているのが一般的ですが、スプレータイプも販売されています。口から摂取するのが難しい赤ちゃんやペットに使いたい場合は、スプレータイプを体の周りにスプレーしてあげると効果的です。また、快適に過ごしたい場所や、リラックスしたい場所など空間にスプレーするのも有効です。このように、フラワーエッセンスには様々な使い方があるので、好みやライフスタイルに合った方法を見つけて効果的に使っていきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です