Skip to content

オーガニックとはなにか

オーガニックとは「有機」の意味があります。農薬や化学肥料にたよらず、太陽、水、土地、生物などの自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。

オーガニックが広まることにより、人や動植物、微生物などの生命にとって健全な自然循環、社会環境が実現します。オーガニックは私たちに有益なことをもたらす反面、不利益なことももたらします。

アレルギーの人が増える中、オーガニックにこだわりを持つ人も増えています。一方、植物に対してアレルギーをもつ人は、アレルゲンの植物が含まれていないか確かめる必要があります。

また、有機野菜とは、農薬、化学肥料、土地改良剤を3年間使用せず、堆肥で土作りされた畑地で有機肥料を使って作られた野菜です。しかし、堆肥を作る際に発酵が不十分だと病原菌が堆肥の中に残ってしまい汚染された食物になってしまうこともあります。

有機野菜は生産者との交流を実施しているところもありますので、自分でどのような過程で野菜が作られているか見ることができますので、リスクを回避する手段はあります。原始時代は、農薬や化学肥料はありませんでした。

自然から有益なこと、不利益なこと両方を受け取ってきました。私たちもオーガニックはゼロリスクではないということを頭に入れておく必要があります。自分で選択して有益なものを取り入れることが賢明です。

忘れてはならないのは、私たちは微生物や植物がなければ、生きていけないということです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です