Skip to content

安全で昔ながらの美味しさが特徴のオーガニック野菜

オーガニック野菜は、昔ながらの自然な風味があるのが特徴です。

農薬と化学肥料を使わないため、安全性は極めて高くなります。土作りを何よりも大切にする農法ですから、土壌に大量の有機物をすき込む技術が使われます。堆肥は落ち葉や牛糞などを高温で完熟発酵させたものですから、回虫が残っている心配もありません。昔の下肥よりも安全性が高いため、生で食べるレタスやキュウリにも適した有機肥料です。

オーガニック野菜を利用するようになると、今までに忘れていた味を思い出すこともできます。若い人にとっては初めて食べる味ですが、年配世代にとっては昔懐かしい味です。最近の野菜の味がおかしいと実感しているお年寄りも少なくありませんでしたが、オーガニック野菜の登場によって状況が変わっています。

手間がかかるために値段は割高な場合がありますが、食品の安全への関心が高い人たちが競って購入しています。定期で届けてもらえる宅配を利用して、産地から野菜を届けてもらっている家庭もあります。オーガニック野菜を食べていれば、残留農薬で健康を害する心配がありません。安全なだけでなく、実際に美味しいわけですから、野菜が苦手な子供にとっても食べやすく感じられます。

オーガニックのキャベツは生で食べると果物のように甘いですが、熱を通しても風味が損なわれません。ダイコンなどの根菜には自然の土の香りが残り、食物繊維も豊富となっています。トマトの味は特に素晴らしく、果物に負けないほどの甘さがあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です