Skip to content

オーガニックコスメとケミカルコスメについて

オーガニックコスメは、普通のケミカルコスメより肌に優しいというイメージが定着しています。

それは、両者に明確な違いがあるためです。日本国内では食品に関するオーガニックの厳しい基準が存在しますが、コスメの分野では各メーカーが独自に基準を設けていることが多いです。

定義が曖昧ですが、一派的に有機栽培されて育った植物を原料にすると、オーガニックコスメとして販売されます。化学肥料を使わないので、手間や時間がかかります。特に手作りの製法を重視すると、大量生産が困難です。そのため、オーガニックコスメは比較的高い値段で売られます。一方ケミカルコスメは、成分よりも使いやすさや買いやすさを重視します。

例えばクレンジングオイルや洗顔料には、すぐにメイクや汚れを落とす界面活性剤が配合されています。オイルやクリームは水分が蒸発しないように、合成ポリマーを配合することで蓋の役割を果たします。これらは、効能が高く大量生産が可能なので、単価を抑えることができます。しかし肌の弱い人にとって必ずしも、良い成分だとはいえません。

そこで、化学合成成分を含まないオーガニックコスメが好まれています。また自然派化粧品は、天然成分を使っているイメージを持たれやすいですが、安易に使えるものではありません。自然派化粧品とは、植物から抽出したエキスを使った化粧品を指します。しかし天然エキスの他に、合成成分をたくさん配合しているものもあるので、注意します。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です