Skip to content

オーガニックを知って地球に優しい生活を

近年、「オーガニック」という言葉がさまざまなところで聞かれるようになりました。

直訳すると「有機」「有機栽培」という意味です。有機栽培とは化学的な合成肥料であったり、化学肥料に頼ることなく、土壌の本来持っている力を活かすことで環境への負担を可能な限り減らす方法のことです。

日本では登録認定機関の認定を受けた農家が生産したものにだけ「JASマーク」がつけられます。オーガニックの検査は1年に1度、専門の検査員が実際に農場や加工場へ訪ね、申請した人が生産したものを直接観察し、基準に達しているかどうかの検査を行います。

厳しい検査をクリアしたものだけが私達の手元へと届くので、安心、安全面が大変優れています。少し前までは、オーガニックと聞いて食品をイメージする人が多くいましたが、現在では人間が本来持つ自然治癒力を高めながらお肌を手入れすることを目的とした「オーガニックコスメ」や、3年以上化学薬剤や化学肥料を使用しないで栽培された綿花「オーガニックコットン」といった商品も多く出回るようになりました。

コットンはその後、洋服や赤ちゃんの肌着などの原料として使用され、アトピー性皮膚炎やお肌が敏感な方にでも安心して使用できるよう加工が施されます。

できるだけ安心で安全なものをと考える人や、健康志向の人達が増えている近年、こういった商品を求める人は年々増えてきています。毎日口にするものや毎日肌に触れるものだからこそ、自然本来の力が沢山詰まったものを上手に取り入れていきたいものです。

フラワーエッセンスについてならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です