Skip to content

ネギ栽培に特に適したオーガニック農法

オーガニックで栽培することで味の差が大きくなる野菜としては、ユリ科に属するネギが代表的です。

どうしてネギが有機に適しているかといえば、養分が豊かな沖積低地で作ることが多いからです。もとから肥沃な土壌に農薬や化学肥料を多用すれば、土が持っている生命力も減退することになります。

化学肥料を多用することで、地下水を汚染させてしまう可能性もあります。扇状地の地形では、湧水を汚染させると非常に困ったことになります。ネギを上手に作るためには、サラサラの土が必ず必要になります。

オーガニックで栽培すると、堆肥の効果によって微生物の活動が盛んになります。微生物が有機物を分解して、大量の養分を作り出すためです。この効果によって、ネギが地中深くに根を伸ばすための土が作られることになります。逆に化学肥料を多用するばかりで、痩せた土になった場合には、ネギにとっても過酷な環境になります。

沖積低地に養分が豊富なわけは、河川が何度も氾濫して肥沃な土砂が上流から運ばれてきたからです。全国的な産地の深谷市においても、利根川と小山川の沖積土壌によって深谷ねぎの栽培に適した土壌となっています。

これからオーガニック栽培を始める場合には、土壌の状態を確かめることが大切です。最初から肥沃な沖積土壌がない場合には、大量の有機物を混ぜる必要があります。有機物としては堆肥が代表的ですが、緑肥を混ぜることも有効です。あるいは、籾殻や落ち葉を混ぜることもあります。

フラワーエッセンスについてならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です